認知症サポーター養成講座受講

Ninti002

 

平成27年12月16日に金隈病院・楽陽園の職員を対象に『認知症サポーター養成講座』を開催しました。

●認知症サポーターとは...
 認知症について正しく理解し、偏見を持たずに認知症の人やご家族を温かい目で見守る「応援者」です。
 

 

  認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の具体的施策として、「認知症サポーターの養成と活動の支援」が掲げられています。病院全体の取り組みのひとつとして受講しました。
職種を問わず医師・看護職員・介護職員・診療部職員・事務員など93名が今回受講しました。
参加できなかった職員も受講したい希望が多い為、今後も開催する予定です。

認知症は、わが国の重要課題であり、ひと事でもありません。医療従事者として、地域の一員として認知症についての正しい知識をもち、認知症の人や家族を支え、みんなで守ることができるよう、より一層活動したいと考えております。