老年精神科について

老年精神科(認知症)外来では、「もの忘れ」が年齢による単なるもの忘れなのか、認知症等の病気なのかを専門の医師が診断します。もの忘れ全てが認知症ではありません。 現在は、個人差はありますが軽度の段階であれば進行を遅らせることもできるようになってきました。認知症も他の病気と同じで 「早期発見・早期治療」が大変重要です。                        

担当医: 樋詰 貴登士

 〈 資格・認定医等 〉  

・精神保健指定医・日本精神神経学会 精神科専門医 ・日本心身医学会 心身医療専門医
・日本内科学会 認定内科医、認定総合内科専門医・日本循環器学会 認定循環器専門医

※当院では認知症家族相談もお引き受けしております。

早期受診をおすすめします

☑ ご本人はもちろんご家族の方にこんなこと思い当たりませんか?

 

  •  もの忘れが目立つ(約束を忘れる、物を無くしたりするようになった)
  •  同じことを何度も話す・聞く・する
  •  物や人の名前が出てこない
  •  物を盗まれたと人を疑う
  •  話のつじつまが合わない
  •  家を出たら帰ってこれなくなる
  •  以前興味があったことに、興味がなくなった
  •  怒りっぽくなった
  •  人柄が変わったように感じる
  •  介護に対して抵抗するようになった
  •  

ninchisyougairai

日常の暮らしの中で思い当たることがあれば、受診していただき
正しい診断を受けていただくことをおすすめします。

 

~ 以下のような病名が考えられます ~

 ● アルツハイマー型認知症

 ● 血管性認知症

 ● レビー小体型認知症

 ● 前頭側頭型認知症

 ● 水頭症

 ● 慢性硬膜下血腫

 ●    など

診察の結果、治療が必要と判断された場合には、治療計画に基づき、通院または入院治療、必要があれば他院へのご紹介を行います。

外来受付は、毎週 月曜日・水曜日 9:00から11:30 です。
 

受診時の費用について

保険を利用して受診した場合(窓口支払額の目安)

【初診時】

▪保険で3割負担の場合:約2,260円(初診料+通院精神療法+処方料) + お薬代 + 検査代等

▪保険で1割負担の場合:約750円(初診料+通院精神療法+処方料) + お薬代 + 検査代等

【再診時】

▪保険で3割負担の場合:約1,630円(再診料+通院精神療法+処方料) + お薬代 + 検査代等

▪保険で1割負担の場合:約540円(再診料+通院精神療法+処方料) + お薬代 + 検査代等

認知症サポーター養成講座