当院では、医療事故を未然に防ぐため、以下の様な医療安全管理体制を整備しています。

医療安全管理指針を策定し、安全管理に関する基本的な考え方、医療事故発生時の対応方法等を

  文書化しています。 

◇院内で発生した医療事故、インシデントなどが報告され、その分析を通した改善策が実施される体制

  を整備しています。 

◇医療安全対策委員会(医師、看護部長、看護師、薬剤師、理学療法士、事務職員及び関連施

  設職員より構成)を設置し、月1回開催しています。

  また、医療安全対策に係る取り組みの評価等を行うカンファレンスを週1回程度開催しています。 

◇安全管理のための基本的考え方、及び具体的方策について職員に周知徹底を図ることを目的として、

  研修計画に基づき、年2回程度、安全管理の体制確保のための職員研修を開催しています。 

◇医療安全に関する患者相談窓口を設置しています。 

◇医療安全対策に係る適切な研修を修了した専任の医療有資格者(看護師、薬剤師その他)を医療安

  全管理者として配置しています。医療安全管理者は医療安全対策委員会と連携しつつ、カンファレンス

  や定期的な院内巡回、患者相談窓口などを通じて当院の医療安全に係る状況を把握し、その分析結果

  に基づいて医療安全確保のための業務改善等を継続的に実施しています。