感染症対策について

高齢者は感染に対する抵抗力が弱く、インフルエンザをはじめ肺炎や尿路感染症などを起こしやすいものです。当院では病院内における感染症の発生を未然に防ぐため、また発生した場合に迅速に対応することを目的に感染症対策委員会を設置しています。さらに地域の基幹病院と連携をとり、院外の感染症情報を収集して感染症防御に役立てています。

主な活動は次のようなものです。

□ 院内での感染症の発生状況の把握

□ 院内で巡視を行い感染防御の指導

□ 細菌検査の検出状況と耐性菌の把握および抗菌薬の適正使用の指導

□ ワクチン接種の支援

そのほか病院職員の感染症に関する教育を行うことも大切な仕事です。新人職員はもちろん全職員に対して定期的に研修会を開催し感染症対策の知識の向上に努めています。